【中学3年生】第4回模試範囲と対策 「模試で高得点」は本当の目標ではありません

中学3年生を対象とした第2回静岡県中学校学力診断調査(県学調)が11月30日に実施されます。

学力調査研究会では、その対策のための公開模試を10月8日(第4回)と11月12日(第5回)の2回実施いたします。今回は第4回模試についてお伝えします。

10月8日実施の第4回模試の出題範囲はこちらのページからご参照ください

国語 作文問題と社会科 公民的分野の出題に注目

今回の模試からはこれまでに実施してきた第1回県学調にむけた対策模試とは出題パターンが少し異なる部分がありますので、簡単にお伝えします。
今回の出題範囲とその意図をあらためて確認していただき、ぜひ11月の模試とあわせて受験していただきたいと思います。

なお、数学と英語はこれまでと同じ形式の出題パターンです。また、理科は中1・中2の全範囲までの出題で、中3の単元は出題されません。

・国語

これまでは「表現に関する問題」という大問のくくりのなかで作文問題が出題されていましたが、第4回模試からは「作文に関する問題」が独立したかたちで出題されます

・社会科

第4回からは、問題数はそれほど多くはありませんがついに公民の問題が出題されます。

目指すべきは「模試で高得点をとること」ではない

11月に実施される第5回模試の出題には、第2回県学調の出題範囲の中から10月の第4回の出題範囲外だった問題が含まれることになります。
これまでの模試については各回にむけた取り組み方のヒントをお伝えしてきましたが、この先2回の模試にむけた対策としては、あくまでも県学調対策のための模試ですので、「模試で点数をあげる」ことだけを目的にするのではなく、この2か月間でどのような対策をし、家庭学習で自分が何に取り組んだらよいのかを確認するためのテストとして利用することを意識してみてください。

模試受験について

自宅受験お申し込みフォーム
会場受験スケジュール
会場受験お申し込みフォーム
模試に関するお問い合わせ・資料請求
※第1回模試は4月に実施しましたが、基準日以降でも自宅受験が可能です。

学力調査研究会では、静岡県の高校を受験する方に向けた情報を発信しています

当サイト内公式ブログ【入試の窓】 ブログのトップページに飛びます
学力調査研究会 個人受験Twitter フォローしていただくとブログ更新情報ほか教育情報をご覧いただけます