【山梨県合否判定模試】全国学力テストの結果分析と高校入試に与える影響

4月に実施された「全国学力テスト」の結果が7月28日に文部科学省より公表されました。

4年ぶりに実施した理科のテスト結果から、データ活用力に課題があることが指摘されています。

当会ブログ「入試の窓」でも「理科を暗記科目と考えてはいけない」ということを繰り返しお伝えしてきましたが、塾用教材にしても、市販の理科ワークにしても、学校から与えられているワークでさえもそのほとんどが一問一答形式の内容になっています。

今回の全国学力テストの結果からも、基礎的な知識は持っているが実験観察の結果について「なぜそのようになったのか」を考える考察の部分がかなり大きな弱点になっていることが指摘されました。問題集を中心にした、単に知識を身につけるためだけの問題を訓練する学習では不十分であるということが明確に指摘されたということになります。

山梨県の問題傾向

山梨県の校長会テスト・教達検テスト・高校入試の出題内容は、比較的一問一答形式で知識を問う問題がまだ少なからず出題されています。その知識を問う問題の量で理科の学習を促進しようとする意図が見受けられますが徐々に記述が年々多く見られるようになってきました。山梨県の中学生のみなさんの理科の取り組みとしては、テストに向けて一問一答の問題に取り組むこととあわせて、

  • 教科書内容をしっかりとまとめる
  • 学校の授業で実験・観察を実際にやる機会を大事にする
  • インターネットで実験・観察の実践動画を見て確認する

このようなことに怠らず取り組んでいくことが重要です。

山梨県合否判定模試は、今後も山梨県のテストについて随時問題分析を行い、問題作成に反映していきます。ぜひ一度模試を受験してみてください。

静岡県・山梨県の高校に転入受験の予定があるかたもぜひご利用ください

山梨県合否判定模試 専用ページをご確認ください

山梨県合否判定模試 お申込みフォーム
山梨県合否判定模試個人受験Twitter
静岡県統一模試 静岡県のお客様はこちらから