【卒業生アンケート】本番で自信がもてるような取り組みを心がけよう!

今年の春に卒業した受験生の、追跡調査アンケートの結果をご紹介します。
あなたが気になっている高校、受験したい高校に合格した先輩の取り組みをぜひ参考にしてみてください。

Aさん 静岡高校 普通科 合格

3年2学期内申点 45
県学調結果 第1回214点 第2回185点

塾で勉強してそこでついた力を試すために模試を受けました。会場模試で場慣れできたおかげで本番もリラックスして取り組めました。リスニングの音が聞きづらいこともありました。1回のテストで点がよくても油断すると元に戻るので継続が大事です。気分転換にインターネットをすることなどもありましたが、デジタル機器との付き合い方も考えることが大事です。

Bさん 静岡学園高校 教養科学科 合格

3年2学期内申点 33
県学調結果 第1回166点 第2回144点

塾などはとくに通っていませんでした。模試受験で志望校に対する自分のレベルがわかってよかったです。苦手単元を得意になれるくらい徹底的にできていればよかったかもしれないと思います。図書館などの家以外の場所で勉強することで集中力を高める練習になります。最後の中学校生活も楽しみながら、志望校にむけてあきらめず努力し続けることが大事です。

Cさん 浜名高校 普通科 合格

3年2学期内申点 39
県学調結果 第1回179点 第2回168点

静岡県統一模試は分析がわかりやすいと聞いて受けてみましたが、そのとおりでした。定期テストごとに丁寧に対策するといいです。

Dさん 沼津東高校 普通科 合格

3年2学期内申点 43
県学調結果 第1回210点 第2回200点

模試のない個人塾にかよっていたので個人的に模試受験をしました。同じ志望校の人と点数を比べられるのでモチベーションが上がりました。模試や過去問に繰り返し徹底的に取り組み、苦手分野のあぶり出しと克服に力を入れました。

ただ数だけこなすのではなく、自信につながる取り組みを

「ここを頑張ったことが合格につながったと思う」というコメントを書いてくれる卒業生がたくさんいます。あなたがこの夏休みに丁寧に取り組んでいることは何ですか?問題解法の数をただこなすだけの勉強より、科目・単元のひとつひとつを丁寧に確認してノートにまとめ直すことで自信がつき、テスト結果にも結び付いていきます。教科書マスターにむけて時間が足りない、うまく進められないという中3生のみなさんには「学調対策テキスト【基礎編】」のご利用をおすすめしています。教科書を隣において基礎事項を確認しながら進めることができる内容ですので、まだご購入されていない方はぜひご検討ください。

模試受験について

自宅受験お申し込みフォーム
会場受験スケジュール
会場受験お申し込みフォーム
模試に関するお問い合わせ・資料請求
※基準日以降でも自宅受験が可能です。

学力調査研究会では、静岡県の高校を受験する方に向けた情報を発信しています

当サイト内公式ブログ【入試の窓】 ブログのトップページに飛びます
学力調査研究会 個人受験Twitter フォローしていただくとブログ更新情報ほか教育情報をご覧いただけます