【卒業生アンケート】受けるだけの模試から「活かす」模試へ

今年の春に卒業した受験生の、追跡調査アンケートの結果が届きました。
GW中は今年度の結果をみなさんにご紹介していきます。
あなたが気になっている高校、受験したい高校に合格した先輩の取り組みをぜひ参考にしてみてください。
【卒業生アンケート】県統模試の使い方はあなた次第です
【卒業生アンケート】高校受験に関する各種相談を受け付けています
【卒業生アンケート】計画的に前学年の復習に取り組みましょう

Aさん 磐田南高校 普通科 合格

3年2学期内申点 40
県学調結果 第1回226点 第2回217点

入試や学調などのテストに慣れるために模試を受験しました。数学の難度と時間が厳しく、かえってそれがよかったと思っています。プレミアムコースを利用しましたが、褒めてもらえたこと、自分では気づかないところのアドバイスをもらえたことがよかったです。
勉強中はスマホを自室に持ち込まないようにしていました。集中できたのでおすすめします。

Bくん 掛川西高校 普通科 合格

3年2学期内申点 40
県学調結果 第1回181点 第2回181点

個人別成績表が見やすくてよかったです。プレミアムコースの国語レポートではとても丁寧に指導していただきました。ありがとうございました。
志望校に合格するためには内申点が上がるように工夫・努力することが大事です。

Cさん 静岡東高校 普通科 合格

3年2学期内申点 44
県学調結果 第1回199点 第2回211点

自分の実力がよくわかるテストでした。プレミアムコースでは総合評価レポートが一番役に立ちましたが、5教科のレポートもそれぞれの解説があってとてもわかりやすかったです。
授業のノートは丁寧に書きましょう!

Dさん 沼津東高校 普通科 合格

3年2学期内申点 43
県学調結果 第1回201点 第2回205点

本番を想定して模試を受けることができました。模試は受験してそのままにせず、復習をしっかりやることが大切です。

模試を「受けるだけ」ではなく「次に活かす」ために

プレミアムコースを利用してくださった方の多くが「模試は受験するだけでなく復習することが大切」といいます。点数だけを見るのではなく、どの問題がどのように間違っていたのか、正解だった問題はどういう答え方をしていたかなどを見直すことが模試受験をより意味のあるものにします。
学校のテストと雰囲気の違う県学調や入試の問題に対応できる力を身につけるために重要なのは、解けなかった問題を「なぜそうなるのか、どうしてそのように考えるのか」という視点で見直すことです。県統模試プレミアムコースを一度ご利用いただくと「見直すポイント」をどのように見つけていけばいいのかがわかるはずです。ぜひ一度お試しください。

模試受験について

第1回模試は4月に実施しましたが、基準日以降でも自宅受験が可能です。
まだ受験していない方は昨年度までの復習をかねて6月中旬あたりまでをめどに受験し、現時点の偏差値や志望校に向けた自分の位置などを把握しておくことをおすすめしています。なお、中3第2回模試は7月実施です。
自宅受験お申し込みフォーム
模試に関するお問い合わせ・資料請求

学力調査研究会では、静岡県の高校を受験する方に向けた情報を発信しています

当サイト内公式ブログ【入試の窓】 ブログのトップページに飛びます
学力調査研究会 個人受験Twitter フォローしていただくとブログ更新情報ほか教育情報をご覧いただけます