【夏休み特別号】パワーハラスメントに負けないでください公開:

夏休みに入り、中3生のほとんどが学校で保護者を交えた三者面談を行っていることでしょう。
じつは、この三者面談に極めて心配なのです。

悲観的な言葉をかけられる

三者面談で先生が言いがちなことの例をいくつか挙げてみましょう。
「今の内申点では希望の高校は絶対無理」
「目標を一つ下げることを今から考えておきなさい」
「内申はともかくとして、この点数では希望の高校は難しい」
「夏休みに相当頑張っても難しいぞ」
このようなネガティブな面談をほとんどの生徒・保護者が体験していることでしょう。

もちろん、ポジティブな面談をしてくれるケースもごくまれにあります。
「まぁ今の内申点やテスト結果では難しい点もあるけれど、部活が終わった今から頑張れば希望も見えてくると思うから一生懸命やるんだよ」
もしそのような面談であったならば、幸運にもよい先生に恵まれたのだと考えてください。

ネガティブな面談は聞き流す

何より気がかりなのは、ネガティブな話を聞かされたときの生徒の気持ちです。
大切な夏休みに憂鬱な思いで勉強することになるからです。
子どものやる気を削ぐような面談は、パワハラとしてしか見ることができません。

このような、夏休みに学校で経験するネガティブな三者面談は、すべて無意味といえましょう。
なぜなら、内申点については、1学期と2学期で比較するとほとんどの生徒で2以上あがっていることが追跡調査の結果から分かっているからです。
テストの点数についても、今の偏差値ではなく年明け1月ごろの偏差値から判断すべきだからです。
1学期の内申点や偏差値で受験する高校のレベルを判断したり下げたりすることは、まったく意味のないことなのです。

若さがもつ意外性を信じて!

ネガティブな面談に翻弄されて嫌々勉強するのはやめましょう。
中学生のみなさん、きみたちは若いのです!
「若さ」というのは、わずか数か月で不可能を可能にできる潜在的なエネルギーのことです。
希望に燃えて受験勉強をすると、短い期間でも思いもよらない結果を出せることがいくらでもあります。あなたの潜在的なエネルギーを信じて、この夏休みに頑張ってみてください。