高校入試で軽視できない内申点評価 2018年5月7日

入試対策の最重要課題は内申点対策
静岡県の高校入試制度は、繰り返しお話ししているとおり内申点重視です。
公立高校入試では、どの高校においても内申点が第一の選抜基準になります。
(詳しいことは静岡県教育委員会ホームページ内の「公立高校をめざすあなたへ」をご参照ください。)
私立高校入試も、ほとんど全ての高校で内申点によって合格内定を得ることができます。

内申点=テスト結果 ではない
多くの生徒・保護者は中間・期末テストの結果で内申点(通知表)がつけられていると考えていますが、これは大きな誤解です。

中間・期末テストや静岡県学力調査のようなペーパーテストは、あくまでも「ペーパー上での学力評価」です。
いっぽう、内申点は日ごろのその教科に対する意欲・態度・関心を評価するものであり、これもひとつの学力評価と見ることができます。

希望する高校にどの程度の内申点が必要で、またその対策はどのようにしたらよいのかについては、当社実施の静岡県統一模試を受験していただいて学習相談にもお申込みいただくと、生徒ひとりひとりに沿った内申点対策についてくわしく説明することが可能です。

次回は、内申点対策を日常の学習習慣のなかでどのようにとりいれたらよいかについてお話しします。