【中学3年生】合格にむけて一番大切なこと

高校入試に向けていよいよ1カ月をきりました。
県下のトップ校といわれる高校を受験し合格をつかむには、「最後のツメ」をどのようにしたらよいかについてお伝えします。
過去問に繰り返し取り組むことが大事であるというのは繰り返しお伝えしていることですが、意外なことに、それよりももっと大切なことがあるんです。

睡眠時間と起床時間のリズムを整えましょう

第一に、睡眠時間は8時間しっかりとること。
第二に、毎朝6時には起床することです。
自分を「朝型の生活習慣にもっていく」ということはとても大切ですが、それにも増して8時間睡眠は実力を最大限発揮するためにどうしても必要なことです。
入試直前の2~3日だけ8時間睡眠にしたところで、さほど効果は上がりません。
いまからその習慣を身につけましょう。

よく寝れば頭は回る

睡眠をしっかりとるということだけで、頭の回転は極めて良好になります。
「睡眠不足状態でことにあたればいくつかのミスを生ずる結果になる」ということは、どの世界でも言われていることです。
今からは、たくさんの問題を消化するよりも「8時間睡眠・朝6時起床」のリズムを整え、自分を合格へと導くように意識してください。

まだ間に合う 「追加模試」販売中です

最後の総仕上げに「追加模試」のご利用をおすすめしています。
2月12日以降のご注文の場合、採点処理および結果資料送付は入試当日に間に合いませんが、問題用紙一式に加えて自宅で会場受験の雰囲気を再現するためのご提案書およびマニュアルをお付けして問題販売のみの受付も行っております。問題用紙と振込用紙を同封し、3営業日以内に発送いたします。この場合、採点料ぶんはお値引いたしますので、ご希望の場合はぜひお問い合わせください。