【中学1・2年生】「学調対策 理解度チェック春」販売を開始します

中学生の3年間における学びの目標は、「どの高校を受験し、高校生活をどこで送るのか」ということが大きなテーマになると極論してよいでしょう。
これを意識し、希望の高校を実際に受験するのに相応しい学力をしっかりと身につけることが必要です。

長期休みには「実力をつけるための訓練」をしよう

夏休み・冬休み・春休みという長期休みの間に、あなた自身の学力がどの程度の位置にあるのかをしっかりと見ておく必要がありますし、各学年で全県一斉に実施される静岡県学力調査(1・2年生:1月、3年生:9月・12月)では、学力の定着を点数で証明しなければなりません。
中学生の3年間に学校で受ける定期テストは、中間テスト・期末テストのように範囲のあるテストがほとんどです。
しかし、中学校の学習内容の全範囲から出題される高校入試を視野に入れると、範囲のある定期テストよりも県学調のような実力テストに向けての学習メニューを明確に持ち、長期休みの期間にしっかりと力をつけるための訓練が必要であることがわかります。

「理解度チェック」を最大限活用して確実に力をつけよう

学力調査研究会では、この春休みの取り組みに向けて、現中学1・2年生(新2・3年生)向けに「学調対策 理解度チェック『春』」を販売いたします。
また、夏休み・冬休みの取り組みに向けては新中学1・2年生向けに「学調対策 理解度チェック『夏』」および「学調対策 理解度チェック『冬』」を販売予定です。(3年生には学調対策テキスト・冬期対策テキストを販売予定です)

1・2年生のうちから年間を通して継続的に取り組むことでしっかりとした学力を身につけるために、「理解度チェック」シリーズを是非ご活用ください。

来年度販売予定の教材とお申し込みフォームのご利用について

新1年生:理解度チェック「夏」・「冬」 (1年生は「春」はありません)
新2年生:理解度チェック「春」・「夏」・「冬」
新3年生:理解度チェック「春」→学調対策テキスト基礎編・応用編→冬期対策テキスト

来年度の模試日程および商品に関する詳細は近日また公開いたします。

※お申し込みフォームの更新に伴い、入力エラーが発生する場合があります。
フォームが使えない場合はお問い合わせフォームまたはお電話でお申込みいただくか、1~2日経ってから再度お試しください。お手数をおかけしますが、ご理解と協力のほどよろしくお願いいたします。